ココロとカラダがよろこぶ心地いい木の家づくり

合板や化学系接着剤は使用せずに、国産の木材や自然素材を使用し、シンプルで飽きのこないデザインで、心地よく健康で安全に過ごせる木の家づくりのブログ

高断熱・高気密住宅で心地よい住まいになるの?


2022-07-20 08.42
こんにちは。
今回は、タイトル「高断熱・高気密で心地よい住まいになるの?

皆さんは、どう思われますか?
高断熱にして高気密にすれば、夏涼しく冬暖かくなるから心地よくなるんじゃないの、と思われている方が多いと思います。

答えは、正解でもあり、不正解でもあります。

「なんだそれ」と思われそうですが、窓の設計の仕方によって大きく変わってくるからです。
実は、きちんと断熱設計していれば窓が一番熱が逃げていく場所になります。

最近「UA値」という言葉を聞いたことがあると思いますが、UA値とは「外皮平均熱貫流率」といい、外皮(屋根、天井、壁、窓等)からどれくらい熱が逃げていくかを数値化したもので、値が小さいほど熱が逃げにくいことを示しています。

そこで、窓から逃げる熱の計算方法を考えてみると、

(窓面積)×(内外温度差)×(熱貫流率)=(逃げる熱)となります。

見ての通り、窓の面積に依存しているのがわかります。
窓を大きくすれば逃げていく熱も大きくなり、小さくすれば逃げていく熱も小さくなります。

窓は一番熱が逃げていく場所ですから、窓を小さくあるいは少なくすればUA値はどんどん小さくなり、熱が逃げにくくなります。

UA値だけを見ていると、断熱に優れた住宅だと考えてしまいます。

でも考えてみてください。
高断熱、高気密で窓を小さくして、あるいは少なくして心地よい住まいになるでしょうか?
・何か壁が多くなって窮屈に感じられる
・外や庭の景色が取り込めない
・風通しが悪い
など、こんな事になってしまいかねません。

この様に、断熱だけ(断熱材を入れることだけ)を考えているとこのようにことになってしまいます。

でもご安心ください!
窓を大きくしても、夏場は太陽熱を遮り、冬場は無限の太陽エネルギーを有効に取り込めば省エネで心地よい住まいができるのです。

それが、パッシブデザインという手法です。

それについては、またの機会に書きたいと思います。




柿渋を使った本当の自然塗料

IMG_9485

先日、建材屋さんのフェアに行ってきました。
目を引いたのはこちらの自然塗料。

自然塗料と言われているものの中に
は、石油系の素材が入っている塗料が結構あります。

本当に自然塗料なの?
と思ってしまいます。

匂いを嗅ぐとわかります。やっぱりちょっと石油系の匂いがしますので。

でも、こちらの塗料は全く石油系の匂いはしないですね。

しかも、柿渋に含まれているタンニンに凄い効果があるようです。

柿渋は昔から使用されていますので安心ですよね。

当社でも、これからこの塗料の使用を考えて行こうと思います。


IMG_9469
IMG_9470
IMG_9471
IMG_9472

卵の殼、漆喰、珪藻土を原料にした塗壁材もあるそうです。

良い材料に出会えましたぁ〜🎵

施工事例の更新

IMG_8547
ギャラリー
  • 心地いい家づくりのための土地探し
  • 心地いい家づくりのための土地探し
  • 心地いい家づくりのための土地探し
  • 羊毛断熱材の性能って?
  • 羊毛断熱材の性能って?
  • 羊毛断熱材の性能って?
  • 自然素材を使用して健康的な住宅を建てるならこの断熱材
  • 自然素材を使用して健康的な住宅を建てるならこの断熱材
  • 自然素材を使用して健康的な住宅を建てるならこの断熱材
カテゴリー
  • ライブドアブログ