image

は、私たちにとって身近な自然であり、こころや暮らしを豊かにしてくれる場なのです。


、吐く息は白くまだ寒さが残る日々、木々は芽吹き緑が美しくなってくる。
山野草が黄色や白、ピンクの花を咲かせ、昆虫や鳥たちが活動をはじめる。

、ジリジリと暑く日差しが眩しいころ、木々は葉を目一杯広げ
日射を遮り、日陰をつくり、心地よい風をいざなう。
セミの声が聞こえやトンボが庭を飛び回る。

、リンリンと虫の音が心地よく響き、
木々たちは光り輝く赤や黄色に変化し実を付け種を落とす。
これからやってくる寒さに向け冬支度をはじめる。

、木々たちは葉を落とし春向にけて準備をはじめる。
高度が低くなった日射が、木々の間から心地よい温もりを届けてくれる。
窓際は心地よい日向ぼっこの場になる。

image



四季折々変化する庭は子ども達にとって宝の山。
遊びの場であり、学びの場であり、感じる場であり、考える場である。
子ども達は五感で感じ、成長し育っていく。

季節の移ろいは、大人である私たちにとっては、
何気ない日常に癒しと潤いを与えてくれる。
五感を通じて心地よさと愉しさを感じとる。


また、庭は住まいの佇まいを美しくしてくれて、
建物と自然を見事に調和させ心地よい景観をつくり出す。


image

たとえ小さくても庭があるといいですね。
庭が狭ければ、借景でもいいでしょう。

庭がある効果は、数値では表せません。
でも、その効果は想像以上であると私は思っています。

ブロック塀やフェンスでは悲しいですね。

お手入れの手間はかかりますが、それも愉しみの一つ。
雑草処理(草刈)よりはよっぽどいいのでは?

さあ、庭のある暮らしに一歩踏み出そう!!